留学ならPIEE国際教育交流協会 資料請求
留学プログラム概要
海外の高校を卒業したい
優れた教育環境で飛躍へのきっかけをつかみたい
留学写真>

PIEE高校生私費留学プログラムの留学先は英語圏6か国の公立または私立高校。1年間から卒業資格取得までの支援を行っています。

日本の教育に代わり、積極的に海外の教育を受けようとする意思を支援するのが、この私費留学プログラムです。

日本から海外に1年間留学する高校生は年間約4,000名にものぼります。

留学写真



交換留学プログラムは異文化交流を通した相互理解が最大のテーマであることに対し、 私費留学は個人の目的達成が重要なポイントになります。

PIEE私費留学プログラムでは、次代を担う日本の青少年に、世界の高校生と一緒に学び、生活する機会を提供することにより、日本という一つの国の枠を越えた「世界」の視点から物事を考え、世界の人々と共に働き、価値観を共有し生きることのできる人材の育成を目指しています。
 
留学写真>
家にいるいつものメンバーで撮ろう!と撮りました。
左にいるインドネシア人のホストシスターとは何でも話せて、
本当に仲良しでした。
「私費留学とは」
日本の高校生を対象にした英語圏6か国(アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)の公立または私立高等学校へ留学します。1年間から卒業資格取得までの支援を行っています。

留学を希望する国、地域、学校、滞在方法、留学期間を自分自身で決めることができます。将来の目標や留学の目的により、 自分に合った行き先を選べます。

PIEEでは、出発前から卒業まで一貫した生活指導とカウンセリングを通して、留学生を全力でサポートします 。現地の環境に徐々に馴染めるよう、一人一人の語学力、学校成績状況を踏まえ、学校を決定します。
進路指導も万全
海外の大学に引き続き進みたい、また日本の大学を帰国子女で受験したいなど、その年度にあった、進路指導を行なっています。最新のデータをもとに、専門先生方をお呼びしての進路説明も行ないます。
「こんな人にお勧め」

優れた教育環境のもとで勉強したいという人へ
欧米各国の教育は「個性を伸ばす」「考える」「意見を発表する」「結果だけではなく結果に至る過程を重視する」 教育内容が主流です。多くの学校は、少人数制を採用し、人数が15名程というクラスも少なくありません。小規模なクラスであるからこそ、教師と生徒の距離は近くなります。親密で、きめこまかい指導が期待できます。

また、学業面で相談できるカウンセラー教員がおり、生徒は担当カウンセラーと学業面での相談をしたり、 卒業に向け、どのような必修科目をいつ履修したら良いかなどをいつでも相談できます。

1年以上の継続した留学・あるいは海外の高校で卒業をめざす人へ
私費留学では、留学期間は留学生が選択することができます。そのため、交換留学とは異なり、留学目的にあわせて1年間から複数年可能です。語学の確実な習得はもちろんのこと、 その国の生徒と同じように単位の認定を受けて、高等学校卒業をめざすことができます。
留学地域や学校を選びたい!という人へ
留学国、地域、学校を選択することができます。全ての希望がかなうことはなかなか難しいですが「絶対この地域に行きたい」「この学校に行きたい」などの留学地域や学校の選択、 「共学校に行きたい」「生徒数の少ない学校がいい」「なるべく授業料の安い学校に行きたい」 といった条件をご希望ください。PIEEではご希望になるべく添う学校を選定し、 入学のための手続きをします。
滞在方法を選択したい人へ(ホームステイあるいは寮滞在)
滞在方法を自分で選択することができます。 現地の一般家庭に家族の一員として受け入れられ、学校に通うホームステイか、 あるいは学校の敷地内にある寮に滞在する寮滞在があります。
英語力が不安な人へ
留学したいけれど「英語力がない」と不安に思っている人はとても多いはずです。
このプログラムでは、 正規授業が始まる前に、1か月または4か月の事前集中英語講座を設けています。英語による学習や コミュニケーションの能力を養い、留学生活へのウォーミングアップができます。ご希望により、1ヶ月以下の研修も可能です。

資料請求

留学・国際資格情報館へ