高校生交換留学

留学プログラム概要 留学 資料請求
PIEEはASSEの日本事務所、ASSE JAPANとして高校生交換留学プログラムの派遣/受入れ事業を行っており、現在までに、高校留学派遣生約3600名を派遣しております。 ASSE (American Scandinavian Student Exchange )は1938年、スウェーデン及びフィンランド両国の文部省管轄非営利法人として発足しました。当初は主にスウェーデンとドイツの学生交換プログラムを行っていましたが、戦後次第に活動の幅を広げ、1976年には加盟各国の活動を国際的に統括する本部がスウェーデンに、アメリカにおいては英語圏の統括本部が設置され、実質的に世界有数の規模を持つ国際教育交流団体となりました。2005年4月現在、ASSE インターナショナルの加盟国は、40か国にのぼります。そのうち日本との相互交流は29か国間で行われています。
高校留学写真
 ASSEでは年に一度国際会議を持ち、加盟各国のスタッフが一堂に集まり意見交換・ルール設定の場を持ちます。

  ASSEの活動は、各国の自立したASSE 事務所及び地域事務所と、たくさんの地区委員(ボランティア)によって支えられ、アジア、アフリカ、アメリカ、オセアニア、ヨーロッパなど、世界中で青少年相互交流の活性化を目指しています。

派遣国・参加コースによっては、ASSE以外の交流団体が受入れ団体となる場合があります。アメリカ合衆国および、カナダの10か月コース生の受入れ団体であるWorld Heritage(WH)、オーストラリア(SEA)、オランダ(Travel Active)などがそうです。ただし、いずれの場合もASSEと同じルールの元プログラムを運営しており、PIEEからの交換留学生ということは全く変わりありません。

留学 資料請求

留学・国際資格情報館へ