[10代の夢、交換留学を実現するために…]

無限の可能性を持つ10代だから交換留学の価値は大きい

10代は、自分が何をしたいかを考え、そして夢を持ち、目標を設定してその実現に向かって努力する時です。その一つ、交換留学は外国語を話したり聞く技能を身につけ、世界中のいろんな考えや価値観を持った人たちと一緒に学び、生活しながら国際感覚を身につける。10代だから環境が許せば、海外を目指しても間違いのない選択です。

高校生の留学先は
アメリカ交換アメリカ交換イギリス交換イギリス交換ニュージーランド交換ニュージーランド交換
オーストラリア交換オーストラリア交換カナダ交換カナダ留学フランス交換フランス交換

交換制度とは 日本の高校およびそれに準ずる学校に在学生徒が一年間を限度に外国の家庭に滞在し、その地域の高校に通う制度です。高校交換はそれを扱う団体があり、その各団体のプログラムに参加し、派遣されます。高校交換の費用は、扱う各団体により、また留学先の国によって違いますが100〜180万円(往復航空運賃、現地国内航空運賃、滞在費用を通常含む)位です。願書と書類は、あらかじめ希望する国内の団体を選び提出する。審査に合格すれば選考試験−英語テスト、作文、一般常識と面接などがあります。特に高校交換面接ではいろんな団体を観察する機会にもなります。

私費で1年間とは 日本の高校に在籍したまま高校同様1年間高校留学します。この目的は英語力アップで舌と耳を鍛えながら国際感覚を身につけ、自然に外国語がつかえるセンスが研かれます。帰国したらまた日本の高校で学びます。

私費で卒業とは 高校交換とは異なり日本の中学や高校をやめて、外国の高校に転向し卒業することです。滞在は全寮制の高校、寮とホ−ムステイを選べる高校、そしてホ−ムステイの場合の3タイプがあります。留学の費用は300〜500万円(航空運賃、授業料、滞在費用、斡旋団体手数料によって違います)位を必要とします。高校卒業後の進学はその国の大学、または他の外国の大学に、また日本に帰国して帰国子女枠で進学することができます。入学手続は各学校の願書、卒業または在学校の成績証明書(英文)、英語力スコア(学校が求めるTOEFL,IELTS,SLETなど)、最終在学校の校長(担任)の英文推薦状、エッセイ、そして保護者が支払い意志と資金力を証明する銀行口座の残高証明書など。

短期とは 交換にはない1週間から3ケ月以内で春休みや夏休みを利用するものです。アウトドアやゲ−ムなどのアクティビティを盛り込んだスプリングキャンプとかサマ−キャンプ、語学の修得を中心とした、現地の一般家庭に滞在しながら外国生活を体験するホ−ムステイ、ア−トや趣味を学ぶレッスン体験、農場や牧場似たい材するファ−ムステイといった多様なプログラムがあります。英語力を身につけたい人、海外生活をとにかく体験したい高校生には先ずお薦めです。

英語力判定試験には TOEFL:TestofEnglishasaForeignLanguage.全米及び英語圏の殆どの大学が受け入れ基準に採用
SSAT :SecondarySchoolAdmissionTest.米国の各州で採用している、高校へ入学する際の学力判定試験
SLEP :SecondaryLevelEnglishProficiencyTest.米国の一部の学校で、英語を母国語としない希望者を対象に採用。
IELTS:InternationalEnglishLanguageTestingSystem.イギリス、オ−ストラリア、ニュ−ジ−ランドで採用している高等教育機関への希望者を対象とするテスト。

10代は、何をしたいかを考え、夢を持ち、目標を設定してその実現に向かって努力する時です。